医療費が支払えないときにすべき事

医療費を支払う方法

ある日突然病気になってしまって入院しなければならなくなってしまったり、不慮の事故に合って入院することになってしまったり。
そんな時、頼れる人もいないし貯金もそこをついている。入院費が払えない!
という経験をされたことがある方もいるのではないでしょうか?
実は筆者は何度も経験があります。
年若い時でもあり、貯金も全くありませんでしたし生命保険にも加入してなかったので本当に困りました。
当時筆者の実母にその時の知識があったためすぐに対応し無事入院費をお支払いできましたが、もしあの時にその知識がなければどうしていいのか途方に暮れているだけで、破産していたのではないかと思います。
もし、支払いが滞ってしまった場合、いったいどんなことになるのでしょう?
まず、入院の時に保証人となる家族のサインを要求されます。
その保証人の所に請求がいくことになります。
そのほかですと、財産を差し押さえられてしまう可能性もあります。
医療費の支払いが滞ることで、病院の経営に影響があると判断された場合は治療の継続を拒否される可能性があります。
まだ、完治しているないしは要観察でも大丈夫という状態ではないのに病院を退院させられるのは本当に怖いですよね。
しかも、治療費滞納者としてその病院でのその後の治療が受けられない可能性も出てきますから、避けたいです。
ではどうしたら滞ることなく支払う事ができるでしょうか?
まさか消費者金融にお金を借りて入院費を支払う方法しかないのでしょうか?

医療費が支払えなかったときはどうなる?

医療費が支払えない場合はいったいどういった方法があるのでしょうか? 突然入院になってしまった。そんな時、貯金もそんなにないし、仕事も休まなければならないし、保険も入っていないし…医療費を支払う事ができない。という経験をされたことがある方もいると思います。 そんな時どうしたらよいのでしょうか?

公的な援助を受けられる対象者とはどのような人なのでしょうか?

医療費が支払えそうにない時に助けてもらえる制度があることは分かりましたが、いったいその対象者とはどのような人なんでしょうか? 入院保険を月々支払っていなくても大丈夫なんて、何か登録とか、条件があるはずですよね。その条件とはいったいどのような事なんでしょうか? 前もってやっておかなければならない事は?

未来の保証は必要だけれど、生活するほうがずっと大事ですよね

理想は、どこかの会社の医療保険などに加入しておいて何かあった時に備えておきたい所ですが、まず第一は生活。 普段の生活に支障をきたしているのに、先の不安のためにお金を回すことってとても難しいですよね。 それができていなくても、援助の方法があることがわかりましたね。

おすすめリンク

≫ TOPへもどる