医療の治療費が払えない場合にすべき行動を徹底解説!

医療費が支払えないときにすべき事

>

公的な援助を受けられる対象者とはどのような人なのでしょうか?

対象となる方はこのような方たち

上記のようにいろいろな制度はありますが、こちらに入院中の食費や個室の利用料は含まれていません。
また、先進医療など一部の治療には当てはまりませんのでそちらを受ける方はどんな方でも、平等に病院の提示する金額が必要になります。
基本的に国の定める制度の対象となる方の条件としては公的な健康保険に加入している事。
それだけでよいのです。
もちろん自営業の方でも、無職の方でも、国民健康保険に加入している方なら対象となりますからご安心ください。
また、そのご家族の方たちも対象に含まれます。
医療費として見られない物に関しては基本的に自己負担になりますが、純粋な医療費に関しては心配せずとも健康保険に加入していれば大丈夫そうですよね。
子どもの病気や何か、やむを得ない事情で付き添いの方が寝泊まりする場合にはこちらも別途料金がかかってしまいます。

介護保険によるサービスを受けている方は

介護保険によるサービスを受けている方は「高額介護合算療養費制度」というものが適用できる可能性があります。
介護保険と医療費の自己負担額を合算し、その金額が一定額を超えている場合には対応してもらえます。
介護保険の場合もう少し幅広く支援してもらえるようですから、できるならこちらも利用していくと負担が軽くなってきますよね。
しかし、どれも申請は必要です。
また、更新していかないと使えない物もありますので、注意は必要です。
これさえしっかりできていたら、突然の病気やケガもそこまで怖がる事ではなさそうですね。
ですが、やはり一番困らないのは自分で未来のために貯蓄、保険などに加入しておくことです。
備えあれば憂いなしということわざがありますが本当にその通りだと筆者は激しく実感しています。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる